花壇のあるお庭

コニファーと花壇のあるお庭 横手市K様邸

横手市 K様邸

【横手市 K様邸】

花壇の縁取りを杉丸太の防腐加工したものを使用しました。
ブロックやレンガを使用するより柔らかな曲線が出ています。
バックにある板塀にもマッチしています。

この板塀のように横長に板材を使用すると、材料に無駄がなく作業も効率的です。
花壇の面積はあまり広すぎると大変なので、これくらいでいいと思います。
花壇の土は、有機質の堆肥などをすきこんで土壌改良してあります。
そうした土壌は使いやすく作業もはかどります。

横手市 K様邸

花壇の奥には、テーブルやベンチを置けるスペースに敷石を使用しています。
シンボルツリーにはヤマボウシ、花木としてはハナミズキ、エゴノキ
常緑樹としては、コニファー、アカエゾマツなどを植えております。

横手市 K様邸

左の芝生が張られている奥には、家庭菜園があります。
最近、お庭の中に菜園を望む方が多くいらっしゃいます。
ほとんど、硬い盛り土の植えにお家が立てられているため、
そのままの状態で菜園にすることができない状況です。
土の入れ替え(30cm程度)や、既存土壌の改良が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です