五蔵舎

小鳥たちが戯れる雑木の庭 建築:五蔵舎 横手市十文字町 小川様邸

横手市十文字町 小川様邸

【横手市十文字町 小川様邸】

ひろ~い土地に建てられたお住まいです。
五蔵舎(株)さんの外構工事のお手伝いです。

 

横手市十文字町 小川様邸
▲施工前 

ゆくゆくは、お住まいの周りはブドウ畑にするとか。

横手市十文字町 小川様邸
▲植栽及び通路完了

植栽樹木は、常緑樹のコニファー類を除いて、すべて山取りの樹木を植え込んであります。

横手市十文字町 小川様邸
▲トネリコ・ハウチワカエデ・ヤマボウシ・シャラ・エゴノキ等々が植えられました。

赤土の部分には四季の草花や宿根草を植えて、季節を感じられお庭にしたいですね。
樹木を植えて早々のお庭には「小鳥」たちが戯れて遊んでいます。


横手市十文字町 小川様邸
▲最終仕上げの作業中です。

緑が入るとお住まいの雰囲気が違いますね。

 

横手市十文字町 小川様邸
▲今回のお庭の特徴はこの自然石の石畳の園路です。五蔵舎(株)「岩野社長」の提案です。

自然石は鳥海石で,一個ずつ吟味して選んだものです。
面積が広いと逃げ(広がり)の部分があるので,施工が比較的に楽ですが,狭いと内々に収めるのが意外と大変です。

横手市十文字町 小川様邸
▲お盆前、35~6度の猛暑の中、額から汗を滴らせながら作業を行いました。

こうした石の使い方に、敷石をところどころにに配したものを「延べ段」といいます。
古い作庭の伝統技法のひとつです。


横手市十文字町 小川様邸
▲違う現場(秋田市山手台 谷内様邸)の画像ですが、このように「コケ」や「玉竜」などで、目地を入れると、和風の趣でしっとりした感じが出ます。
横手市十文字町 小川様邸
▲玄関前から「石畳」の園路です。 

お住まいの白い壁,朝夕の樹木の緑陰も幻想的で美しいですよ。

横手市十文字町 小川様邸
▲奥の草地が、一面のブドウ畑になることを考えると「メルヘンチック」の気分になりますね。

まして、樹木の下に四季の草花が咲き乱れれば・・・

 

ご参考

横手市十文字町 小川様邸
▲エゴノキの満開の花です。わが社の園内のものです。

5月中旬、上空いっぱい、真っ白になるほどの花を付けます。花には芳香があります。
ただ、秋に意外と早く葉が落葉してしまいますので、庭が寂しくなってしまうのが難点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です