五蔵舎

高低差を生かして「和モダン」のお庭に 建築:五蔵舎 秋田市T様邸

秋田市T様邸
秋田市T様邸
▲高低差を生かして「和モダンな庭」に

車道、駐車スペースとお住まいの段差をあえて、
スロープにはしないでコンクリート床板で高低差をつけてあります。
庭やお住まいは、長年の経験からすると、
高低差があったほうがつくり勝手がいいし見栄えもします。
真正面はカーポート側の入り口で、その奥は家庭菜園としています。


秋田市T様邸
▲両サイドの生け垣にサワラを植え込んであります。正面奥には大きな開口部がありますので、道路からの視線を、さえぎるための植栽(イロハモミジ)を植えてあります。

秋田市T様邸
▲サワラの生け垣は冬枯れの景にも、みどりを残してくれるでしょう。 植栽樹種は、イロハモミジ、アオダモ、シャラ、ヤマボウシ、ハナミズキ

秋田市T様邸
▲ヒメシャラも植わってましたね。下草類は、シモツケ、アベリヤ これらは新種のものです。ホスタ、ヒューケラ フッキソウ、ヤマアジサイ等々です。 高低差があると土砂が流れ落ちるので、芝などでしっかりとした土止めが必要です。

秋田市T様邸
▲お住まい側からですが、一部に鳥海石に飛び石、杉苔を用い、    「和モダン」な雰囲気を出しております。 若いご夫婦のお住まいですが、近年、こうした風情が好まれます

秋田市T様邸


秋田市T様邸
▲玄関方向からも、飛び石を伝って中庭にすすめます。 足元には下草類、ホスタ、ヒューケラ、フッキソウ,等々、株立の樹木は、秋に赤い実のつけるアオハダです。

秋田市T様邸
▲お庭の完成時、奥様とお子様が、記念撮影に応じてくれました。 お子様の成長とともに、お庭も一層と緑を増してくれるでしょう。

秋田市T様邸
▲明日の日本の庭を創る /隔月刊誌「庭」にも掲載されました.NO202号 /特集 秋田の庭の今 新たな庭の付加価値とは「庭がつくって、すまいは完結」と対談P81 家があってこそ庭

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です