五蔵舎

道行く人にも、緑の優しさを  建築:五蔵舎 山形県新庄市 八鍬様邸

山形県新庄市 八鍬様邸

【山形県新庄市 八鍬様邸】  

なかなか日程が合わず、ずいぶん長くお待たせしました。
山形県新庄市にお住まいの若いご夫婦様のお庭をご紹介します。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲お住まいの全景とお庭工事完了の景です。

道路の角地に面したお屋敷で、道行く人たちにも、
緑の優しさを感じてもらえるような配植をしてみました。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲ウッドフェンスで囲い、お子様たちの遊び場である プライベートゾーンの安全を確保しております。

新庄市は雪も多いということから、ウッドフェンスの一部を排雪ための、
開口部を設けてあります。 積雪地帯の工夫ですね。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲玄関前のソヨゴです。

アプローチの敷きレンガに土砂が流れださないように山石で土止めをしております。
お住まいと外構工事を一体的に考えないとこういうスペースはなかなかとれません。
敷きレンガの風合いは、ご夫婦様に選んでいただきました。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲ウッドフェンス回り、庭の中から樹木が外へはみ出てるような手法もよく使います。

玄関や、リビングが樹木のやさしい緑で、内外の視線を遮られるような工夫も。
中央の樹木は初夏に白いかわいい花が咲く エゴノキです。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲枕木敷きの上は来客用の駐車スペースとしてあります。大きめのカーポートもありあまり頻度もないとのことでしたので、枕木の間を芝生で覆っています。

当初、この場所はコンクリート舗装でもよいとのことでしたが
このような形に提案させていただきました。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲すっきりとしアプローチと玄関周り

完成まじかに散歩中の道行く人たちに何人にも、「ええ、あんべだの」と山形弁で声をかけられましたね。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲三人のお子様がいらっしゃいます。お子様たちのプライベートゾーンです。

冬期間は雪おろしの場所にもなります。
樹木は、トネリコ、シャラ、厄除けの南天も植えられております。


山形県新庄市 八鍬様邸
▲お住まい側からの景

樹木でやんわりと道路からの動線を遮っております。左の樹木はカツラです。
テラスの下の芝生には、段差をつけてお子様たちが足を下ろしておしゃべりが、
できるよな工夫もしております。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲樹木を配植する場合に気をつけることは、同じ高さにならない、一直線にならない 落葉樹と常緑樹とのバランスを考える、四季を感じられる樹木選択‥等

状況にもよりますが、個人のお庭の場合は、塀やウッドフェンス側に
同じ樹木を 一列に並べる植栽は、かえってその場所を狭くしてしまいます。
手前を大きく奥を小さめにすると奥行きがとれ、広さを感じられます。

山形県新庄市 八鍬様邸
▲歩道とのコーナーの一角を山石で結界を作りました。

定番であればレンガ積でコニファーの植栽が一般的ですが、あえて石積にし、
四季の緑や葉色を楽しむ植物たちを植え込んであります。
丁字路であるため、視界の確保、何より道行く人たちにも、緑を楽しんでもらいためのものです。
こんなことも、ささやかな地域貢献の一つではないでしょうか。

当社のご提案をご理解をいただきました、お施主様に感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です