五蔵舎

芝生のほどよいお庭  建築:五蔵舎 秋田市 T様邸

【秋田市 T様邸】

▲車道から玄関に向かうアプローチ

乱形石のカナリアクオーツを敷き詰め、玄関へとつないでおります。
玄関正面には花壇を配し、外からの視線を遮る効果も兼ねております。


▲デッキ側コーナーには、お部屋の中からもさわやかに、緑が眺められる、小ぶりの、トネリコ、ツリバナを、根元には、鳥海石で土止めをし、玉竜でグランドカバーしています。

▲芝生と物置スペースにつながる通路の縁切りには、玄関前の花壇の材料の余ったレンガを使用しております。

曲線にラインを引くことで、奥行きが出て、広さも増したのではないでしょうか。
敷砂利の下には防草シートを張り、除草効果も高めております。


▲カーポートの裏は、生け垣と植栽を配し、お住まいと芝生スペースが、丸見えにならないよう工夫しております。

生垣はレッドロビンで、中高木はシャラ、ハナミズキです。

お子様の成長に合わせた「リ・ガーデン」のお話をさせていただきました。
芝生の広さも程よいとのことで好評でした。


▲お庭に植えられたおります、シャラ(沙羅双樹)花が椿に似ていることから、別名、ナツツバキともいわれます。

また、シャラの仲間で《夜明け前》という赤い花の咲くものもあります。
秋には紅葉も楽しめますし、あまり病害虫の心配もいりません。


▲レッドロビンの生垣です。参考(横手市大雄地域)深紅の新芽がきれいと各地でたくさん植えられています。

常緑樹ですが、春の芽だし時には、古い葉が結構や落葉します。
成長も早く、きれいな生垣状態保つには刈込回数が必要です。
寒さにも強く、強い刈込にも耐えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です