五蔵舎

シンプル&モダン 樹形の心地よいお庭  建築:五蔵舎 秋田市 K様邸

【秋田市 K様邸】

▲街並みの景観にも合わせて、シンプルに、株立ちの木々を配置しております。さわやかな風がお庭を吹き抜け、解放感が感じられます。

車道に面したスペースを、来客用の駐車スペースにしております。
コンクリート舗装面を格子状に目地を取り,玉竜でアクセントをつけています。
右手前の株立ちの樹木はヤマボウシです。お車後部は和室植栽部分です。


▲株立ちの木々の配置で季節感と清涼感を表しております。

左の株立ちの樹木は、ハウチワカエデ、中央は大株のソヨゴ、右手前は、エゴノキを配しております。
このスペースは、通りからも見える場所ですが、ウッドフェンスの奥はシンプルなプライベートゾーンとしてあります。


▲これは、エゴノキの花の満開時のものです。

落葉樹で花は筒状で下向きに咲き、芳香があります。
秋には、固い小さな実をつけます。
実はその昔、女の子たちが遊んだお手だまの中身に利用されていましたね。
若い奥様方に好まれる人気樹種の一つです。


▲広ーいデッキのあるシンプルななプライベートゾーンです。

デッキ側の樹木はこれも人気樹種のツリバナです。樹形の好いものは、なかなか手に入れるのが困難となっております。
この他の植栽樹木は、ツリバナから時計回りに、ヒメシャラ、ウラジロモミ、見えない部分にイロハモミジ、カツラ、花の咲いているアベリア、ソヨゴの順です。
ミカゲの敷石はデッキから、旦那様のガレージと続きます。


▲二枚目画像中央のソヨゴの実がついた状態です。

常緑樹で秋にはこのように実が付きます。
濃い緑の葉と赤い実のコントラストは何とも言えない風情があります。
ただし、ソヨゴには雌雄木(メス、オス)があって、 オスの木は実をつけないので、実を楽しみたい方は注意が必要。
能登半島あたりで山取リされ、畑地で養成されたものが市場に出回っています。


▲デッキ側の樹木のツリバナが、秋に実をつけたものです。

線の細い枝先の毬玉からはぜて、簪(かんざし)のような実が現れます。
風にそよぐ姿は心地よいです。
これも季節を感じられ喜ばれている樹種の一つです。公園などでよく見られる、ニシキギもこの種類です。


▲和室に面したスペースです。

これもまたシンプルに和の空間を造っております。
鳥海石の蹲(つくばい)をあしらい、杉苔、飛び石を配しております。
樹木全体の樹姿は確認できませんが、トネリコ、ヒラギナンテン、アオハダ、
イロハモミジです。全体画像があればよかったですねですね。足元の景でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です